読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VisualStudio2017CommunityとC#とXamarinでAndroidアプリを作るブログ

新しいものなので、試行錯誤の過程を投稿しようと思い立ちました。三日坊主にならないといいね!

ボタンを押すとどこかの色が変わるアプリ1

ボタンのプロパティ

ボタンのプロパティを見てみますがほとんど空欄です。

TextプロパティにHello!といれてみましたが小文字は表示されてませんね。

f:id:hillacken:20170310203415p:plain

 

onClick

イベント?の登録の仕方を探していたらonClickという名前のプロパティを発見

f:id:hillacken:20170310204356p:plain

 

右側の...ボタンから

先にメソッドを書いておくと、ProjectResourcesの一覧に出てくるとか?

適当に選んでみる。

f:id:hillacken:20170310205355p:plain

なんか登録できたっぽい。

f:id:hillacken:20170310205437p:plain

 

右下にonClickの説明も出てたので見てみる。

英語がほとんど読めないが

android:onClick="sayHello"

public void sayHello(View v)

をActivityに書けみたいな・・・

android:は今登録したところに書くのかな?

onClickがかぶるから”SayHello”だけ書くとどっかに自動生成されるのかな?

 

配置失敗

実行してみたら配置エラーで止まります。

新規プロジェクトでボタン1個だけでやってみましょう。

 

 

新規プロジェクト

プロジェクトを作成してみます。

C#Android → 空のアプリ

f:id:hillacken:20170310200214p:plain

 

MainActivity.csを開いてみました。

GUI画面はでませんね。

f:id:hillacken:20170310200400p:plain

 

Resources → layout → Main.axmlを開くと

なんか画面がでました!

f:id:hillacken:20170310200217p:plain

 

GUI!

ツールボックスからいろいろ置いてみます。

いいね!

デフォルトだとレイアウトが画面幅いっぱいに広がっちゃうようです。

panel的な何かでレイアウトするみたいですね。

f:id:hillacken:20170310201928p:plain

 

 

VisualStudio2017Communityをインストール

2017年3月7日に公開されたVisualStudio2017でAndroidアプリが作れるようなので

ブログにアップしながらいろいろやってみようと思います。

やってみよう!

 

ダウンロード

Downloads | Visual Studio Official Site

MicrosoftのサイトからCommunity版無償ダウンロード

インストーラーをダウンロードします。

 

インストール

インストーラーを起動したら画像の2か所へチェックを入れてインストールしました。

f:id:hillacken:20170309192247p:plain

 

ぷららのSIM回線なので時間がかかりましたが寝て起きたらインストール完了していました。

はじめまして

Hillackenと申します。

 

VisualStudio2017でAndroidアプリが作れるようになったとのうわさを聞いて、とりあえずさわってみることにしました。

せっかくなので、試行錯誤の過程を投稿しようと思い立ちました。三日坊主にならないといいね!

 

自己紹介

組み込みエンジニアです。

本職はFPGAですが今の会社はFPGAの仕事ほとんどなくて、マイコンか、回路設計か、Windowsフォームアプリか、はんだ付けか、やってます。

 

C#

仕事で3年くらいやってますが、年に2~3件でそれぞれ1か月かかるかどうかくらい。

コーディング作法は独学で、最近やっとForm1以外にクラスを作れるようになりました!デリゲートはまだ全然意味がわかりません。

組み込み系なので、SerialPortを使って基板につないで、制御かログ取って、ファイルに読み書きするようなソフトを作ってます。

 

Android

たしか1年半ほど前に1回だけやったことがあります。

秋月のBluetooth-UART変換モジュールにペアリングするアプリを作りました。

bluetoothのサンプルプロジェクトに、ボタンを1個だけ追加し、android側でボタンを押すと、変換モジュールのUARTから”1”が送信されるというものを・・・。

AndroidStudioがバージョン1が出た頃で、ちょっといじってみましたが、

新しい用語が多すぎて、フレームワークが全然理解できずにそれっきりです。